Skip to content(本文へジャンプ)

コンプライアンス

  1. HOME
  2. 企業情報
  3. コーポレート・ガバナンス
  4. コンプライアンス

コンプライアンスの考え方

ショーボンドグループでは、社会貢献度の高い活動と永続的な発展の両立にはしっかりとしたコンプライアンス体制が必要不可欠であると考えております。そのため、社会規範、法令、社内規程等を理解して行動しやすくするために、「ショーボンドグループ行動基準」を制定しています。

社員一人一人がいろいろな場面で社会の信頼を得られるように行動し、ステークホルダーの一層の信頼を勝ち取ることで、
行動原理である「社是」の実践と企業理念の実現に努めて参ります。

グループ企業理念

「社会資本を良好な状態で次世代に引継ぐ」との使命感のもと、
メンテナンス業界のトップランナーとしての高度な技術開発力で、
豊かで安全な社会の実現に貢献する。

行動原理 「社是」

1. 熟慮して決断

仕事をしていく上で最も重要な判断基準は「ステークホルダーに、より良い結果をもたらすかどうか」である。そのためには、画一的な物の考え方はせず、個々の基準に基づいた複眼的な物の考え方が必要である。先入観にとらわれず、一歩も二歩も先を見た上で決断をしなければならない。

2. 行動への責任

当社グループの経営理念は、社会資本を良好な状態で次世代に引継ぐことである。各自のおかれている仕事上の立場は、この理念に裏付けられていることを、常に忘れずにいなければならない。そして考えるだけでなく、行動し、行動に責任を持ってこそ、職責を果たすことが出来る。

3. 統一ある職場

「忍耐という努力を怠ると人の和がなくなり、明るい・規律ある・統率の取れた職場はありえなくなる」という創業者の言の通り、忍耐とは、よりよい結果を求め幸福になるという共通目的のために、あえて協力しあう姿勢のことである。

4. 社会への貢献

今日、企業に求められる社会的責任とは、ステークホルダーとの積極的な交流を通じて、社会の役に立つことである。
社員がその自覚を持ち、日々の業務を通じて地域社会と共生し、会社が社会の一員として、そのニーズに応える機会を見逃さないことである。

「ショーボンドグループ行動基準」

社会的使命

  1. お客様の満足と信頼
    お客様との契約条件を守ることはもとより、円滑なコミュニケーションに基づき、最適な施工や商品を、適時に判断して提供する。
  2. 高い技術力と品質の確保
    常に技術開発に積極的に取り組み、品質の確保と向上に努める。

行動への責任

  1. 適正な営業活動
    談合、贈賄、ダンピング受注等の一切を排除し、万一の勧誘にも絶対に応じない。
    発注者や元請受注者とは良く協議して、公正な受注と契約条件の明確化に努める。
  2. 適正な施工体制と安全の追求
    建設業法その他の建設法令を遵守するとともに、すべての工事において事故ゼロを目指し、施工協力会社や仕入先との十分な相互理解と協力体制を構築する。
  3. 適正な財務処理と開示
    会計処理と記録については、公正適切な手順を設定、遵守して財務報告の信頼性を確保するとともに、ステークホルダーに対して積極的に情報を開示する。
  4. 反社会的勢力の排除
    反社会的勢力の不当要求の一切を根絶し、関係を遮断する。
  5. 危機管理の徹底
    自然災害、サイバー攻撃、テロその他の脅威に対し即応出来るよう、組織的な危機管理を徹底する。

統一ある職場

  1. 職場環境の充実
    雇用・労働条件の向上に努め、健康と安全に配慮した職場環境を整備する。
  2. 人権の尊重
    社内外を問わず、国籍、性別、信条等を理由として、雇用や処遇についていかなる差別や不当な扱いもしない。
  3. 適材適所の徹底
    公平・適切な評価を行い、社員の資質や能力を最大限発揮出来るよう、処遇や育成を行う。

社会への貢献

  1. 社会との触れ合い
    地域社会とのコミュニケーションの機会を増やし、社会貢献活動を積極的に展開する。
  2. 環境保全への取り組み
    施工に伴う環境負荷軽減や地球温暖化対策等に積極的に取り組むとともに、省エネルギーに努める。
  1. HOME
  2. 企業情報
  3. コーポレート・ガバナンス
  4. コンプライアンス