Skip to content(本文へジャンプ)

株主・投資家の皆様へ

  1. HOME
  2. IR情報
  3. 株主・投資家の皆様へ

株主・投資家の皆様へ

株主・投資家の皆様へ

株主・投資家の皆様には、日頃より格別なるご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。
2021年6月期第3四半期(2020年7月1日~2021年3月31日)における当社グループの連結業績についてお知らせします。

受注高は、前年第1四半期に70億円を超える大型工事の受注があった反動もあり、第3四半期累計で前年同期比61億43百万円減少の605億81百万円となりました。売上高は、順調な工事施工の進捗と工事材料販売の売上増加により、前年同期比118億69百万円増加の618億47百万円となりました。利益につきましては、工事売上高の大幅な増加により営業利益は前年同期比25億92百万円増加(同24.8%増)の130億31百万円、親会社株主に帰属する当期純利益は前年同期比20億63百万円増加(同29.2%増)の91億42百万円となり、売上高、利益とも前年同期比で増収増益の結果となりました。

大型工事の施工が順調です。高速道路会社から受注した工事の売上高は第3四半期累計で246億42百万円(前年同期比+74億67百万円)となりました。各四半期で前年同期を大きく上回る80億円前後の売上高を計上しており、今期は四半期ごとの工事売上高が高い水準で平準化する見込みです。こうした状況を踏まえて、通期の業績予想を再び上方修正いたしました。売上高は期初予想比78億円増加(同10.9%増)の795億円、営業利益は期初予想比18億円増加(同13.4%増)の152億円とし、当期純利益は期初予想比13億円増加(同14.0%増)の106億円といたしました。また、中期経営計画でお約束しております今期の連結配当性向50%を維持することとし、1株当たり年間配当額については期初予想86.5円から98.5円へ増配する予定としております。

補修工学研究所内に新しく無機研究棟が完成しました。コンクリートの断面修復や床版の補修工事で使用する無機材料の研究や新製品の開発を強化します。また、研究所の隣には、今年10月の完成に向けて研修センターの建設が進んでいます。新技術の開発や人材育成と施工能力の維持などは次期中計の重要なテーマの一つです。将来に向けた準備を着実に進めています。

今後とも、なお一層のご指導とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

2021年5月
ショーボンドホールディングス株式会社
代表取締役社長
岸本達也

  1. HOME
  2. IR情報
  3. 株主・投資家の皆様へ