Skip to content(本文へジャンプ)

株主・投資家の皆様へ

  1. HOME
  2. IR情報
  3. 株主・投資家の皆様へ

株主・投資家の皆様へ

株主・投資家の皆様へ

株主・投資家の皆様には、日頃より格別なるご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。
2022年6月期第3四半期(2021年7月1日~2022年3月31日)における当社グループの連結業績についてお知らせします。

受注高は、前年同期比181億73百万円増加(30.0%増)の787億54百万円となりました。第3四半期累計で10億円を超える長期大型工事を18件、合計で348億17百万円受注できたことにより、工事受注高が723億52百万円と期初予想725億円に迫る水準となっています。また、受注残高についても、第2四半期末よりさらに36億1百万円増え、前年同期比126億81百万円増加(18.2%増)の823億62百万円となりました。高速道路会社のリニューアルプロジェクトによる工事発注は引き続き高水準で推移しています。今期は大型工事の選別受注と受注残高の積み上げが順調に進捗しており、工事受注に占める高速道路会社の比率は74%となっています。

売上高は、高速道路会社の売上が第3四半期累計で前年同期比74億97百万円増と大幅に増え321億40百万円となった一方、期内受注案件が減少している国および地方自治体の売上が減少したことで、第3四半期累計では前年同期比24百万円減少(0.0%減)の618億22百万円となりました。

利益につきましては、大型工事の設計変更による追加契約の獲得等により売上総利益が増加し、営業利益は前年同期比9億95百万円増加(7.6%増)の140億26百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益は前年同期比6億55百万円増加(7.2%増)の97億98百万円となりました。

インフラメンテナンスにおける「技術のショーボンド」が注目されています。
今年2月、当社の「補修工学研究所」が土木学会「第1回インフラメンテナンス賞 特別賞」を受賞しました。長年インフラメンテナンスに関わってきた当社と、その根幹となる補修工学研究所が社会的に高く評価されていることの証左であり、大変光栄なことで嬉しく思います。4月には、土木学会の「土木技術十二選」に当社の技術が選ばれました。「社会インフラの長寿命化を支える接着剤 ~補修一筋60年、経験と知識が詰まった接着剤~」と題して、エポキシ樹脂の優れた性能に着目し、土木建築用接着剤を開発したストーリーが紹介されています。詳しくは、当社ウェブサイトからご覧いただけます。

最後になりますが、完成工事粗利率の改善による営業利益の順調な進捗を踏まえて、通期の業績予想を上方修正いたしました。売上高は期初予想比10億円減少の812億円、営業利益は期初予想比8億円増加の170億円、当期純利益は期初予想比3億円増加の118億円といたしました。また、1株当たり年間配当額については、中期経営計画でお約束しております連結配当性向50%とし、期初予想の108円から110.5円へ増配する予定としております。

今後とも、一層のご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

2022年5月
ショーボンドホールディングス株式会社
代表取締役社長
岸本達也

  1. HOME
  2. IR情報
  3. 株主・投資家の皆様へ